スペースモラトリアムノカミサマ

日記+コメント付きブックマーク+他人にも役に立つかもしれない情報など。
(更新情報: RSS(ツッコミ付き) / RSS(ツッコミ抜き) / LIRS)

最近のツッコミ:
  1. yoshi (01/05)
  2. Misery (11/06)
  3. p (07/15)
最近の TrackBack:
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2011|01|02|03|07|10|11|
2012|02|03|04|07|08|09|
2013|01|06|07|
2014|02|08|09|11|
2015|09|
2016|01|05|
2017|07|
2018|05|07|
2019|07|

2009/07/02

_ [iPhone] 再々考:iPhone 3G S に機種変すると実質いくらかかるのか

機種変の場合の代金について、ソフトバンクショップに行って聞いてきた。

iPhone for everybody キャンペーン適用時の価格は先日ヨドバシで聞いた時と一緒。

ただし、キャンペーン非適用時は異なっていて、

  • 分割金480円増し (2年で11,520円増し)
  • 月月割は普通に1,920円つく

とのことだった。

やはりヨドバシが何かの間違いか、戦略としてキャンペーンを絶対適用させようとしているのか。

まあ、改めて考えてみるとキャンペーンを使わない選択肢はほぼないので、キャンペーン適用でヨドバシ一括購入の方向で行こうと思う。

それから、一つ勘違いしていたことがわかった。

キャンペーン適用にあたってホワイトプランに変更するとブループラン自分割引50契約解除料として 9,975 円かかると思い込んでいたが、スパボで端末を買っている場合にはそれはかからないとのこと。

これで躊躇なくキャンペーンを適用できる。

ただし、月月割は2ヶ月遅れで適用され始めるから、今月機種変した場合に残る期間は12ヶ月ではなく14ヶ月。

以上を踏まえて再計算すると、

  1. 16GB 端末代金: 64,800 × 88% = 57,024円
    32GB 端末代金: 76,320 × 88% = 67,162円
  2. 月月割: 1,920 × 24 = 46,080円
  3. 旧月月割損失分: 1,270 × 14 = 17,780円
  4. AppleCare Protection Plan for iPhone 相当分: 7,800 × 88% = 6,864円

(1) - (2) + (3) - (4) を考えると、以後26ヶ月 3G S を使い続ける場合は

  • 16GB モデルの場合: 21,860円
  • 32GB モデルの場合: 31,998円

が実質的にかかるコストということになる。

1年後にまた機種変する場合は月月割が×24ではなく×10になるので、(2) が19,200円に目減りして

  • 16GB モデルの場合: 48,740円
  • 32GB モデルの場合: 58,878円

ということになる。

まあボーナスも出たことだし、買う方向で行こうと思う。

横浜ヨドバシに問い合わせたところ、黒 16GB 以外は全モデル在庫ありだそうだ。

それにしても、この新スーパーボーナスという制度はよくできていると思う。

不要な機種変をせず長期愛用してくれる客は割安に利用してもらい、このように頻繁に機種変を繰り返す客には手痛い出費を負担させるこの仕組みは、なかなか公平感がある。(今の自分には嬉しくないが…)

_ [iPhone] iPhone 3G S に機種変すべきか、新規契約すべきか

さて、最後の悩みどころは、機種変にするか新規契約にするか、だ。

今、自分には3つの選択肢がある。

  • 機種変
  • 新規契約 (番号変更)
  • 新規契約 (番号変更なし)

1 単純に機種変する場合

旧 iPhone 3G は携帯としては使用不可になり、「スピーカー・マイク・カメラ付き iPod touch」になる。

これはヤフオクで「iPhone 白ロム」で検索しウォッチしていると3.5万円程度の札が入ることがわかった。

…思いの外高い…。3G S であと2年使い続ける場合は機種変しないより得ではないか…。

(…ぎりたんに2万円で譲るのやめよかな…)

  • メリット: ストレート、結構いい値で売れる
  • デメリット: 残りの月月割がもったいない

2 新規の場合 (番号が変わってもいいや)

新規購入により、月あたり300円割安に買える。

さらに月月割が1,270円×14ヶ月残るので、旧機種をパケット通信しない状態で最低価格で維持すると、あと14ヶ月の間、

2,324 - 1,270 - 300 = 実質月754円でもう1台持てることになる。(×14 = 10,556)

これは実家に進呈することで24時間通話し放題になる。

  • メリット: 月月割を生かして割安にもう1台持てる、または持たず旧契約を切るという選択肢も可
  • デメリット: 電話番号が変わる

3 新規の場合 (番号が変わるのは嫌)

たびたび電話番号が変わるのは嫌なので、新規購入をベースにするが、新規に買った 3G S と旧 3G の USIM を入れ替える。

自分は古い USIM を刺した 3G S を、実家(?)に新しい USIM を刺した旧 3G を置く。

  • メリット: 月月割を生かしつつ番号を変えずに済む
  • デメリット: ややこしい、SBM や Apple にサポートしてもらえるかどうか不安がある

…さて、どうしたもんでしょうか。ここはストレートに機種変かな…

iPhone 3G から 3GS に機種変したことによって純増したコストは結局いくらなのか」に続く。